会員規約&細則

第1条   【名 称】

この会の名称は、「異業種倶楽部ウィンクルム」(以下、「当会」)という。

第2条   【本 部】

当会は、本部を名古屋市に置く。

第3条   【規約の適用】

規約は、会の経営会社である株式会社そしあ(以下「経営会社」)が運営する「異業種倶楽部ウィンクルム」の活動・運営の一切の事項に適用される。

第4条   【本規約の範囲】

当会が本規約の他に、オンライン、その他の手段を通じて別途定める諸規定は、本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾する。又、諸規定と本規約の定めが異なる場合は、当該諸規定が優先的に適用されるものとする。

第5条   【本規約の発行及び変更】

当会は、所定の方法にて通知することにより、利用者の了承を得ることなく本規約を変更、追加、廃止することが出来るものとする。その際、活動の条件は変更後の規約による。変更後の規約については、当会が別途定める特別な場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を発揮するものとする。

第6条   【目 的】

当会は、下記の目的を目指し会員が積極的に参画する。

  1. 会員ひとりひとりの夢の実現
  2. 会員の人格と資質の向上
  3. 「ウィンクルムのメンバーであれば」と言って頂ける知名度と信用のある会にする

第7条   【活動及び事業】

この会は、前条の目的を達成するために、活動基本方針に基ずき次の活動及び事業を行い、又その場を提供する。 毎月、月例会や会員各々が企画する勉強会や趣味の会にて有意義な活動する。ビジターの体験参加は1回までとする。

  1. NPO法人ささえあいとの交流活動ができる。
  2. 会合やインターネットなどで、ビジネス・技術・趣味等の交流ができる。
  3. 講演会、セミナー等による勉強ができる。
  4. 厳選された提携店(飲食店など)、提携施設(ホテル・介護施設など)の、会員優待サービスが受けられる。(計画中)
  5. 新しい形の起業や共同経営などの事業、企画ができる。
  6. 会への貢献度や会員の成長度を総合的に判断して「会員資格制度」に基づき資格を与える。(有資格者には特典がある)
  7. 活動に参加した会員の中から、優秀者及び努力をした者に対して、表彰制度がある。
  8. 会員企業をアピールする広報支援(マスコミ活用)がある。

第8条   【入会資格及び手続き】

当会に入会しようとする人は、下記の要件を承諾するものとする。(第10条参照)

  1. 約束を守り、プラス思考の人。
  2. 原則として会員の推薦(紹介)が必要で、推薦がない場合、法人経営者は会社の登記簿謄本を、個人の場合は、身分を証明できるものを添付し、申込用紙に必要事項を記入して事務局に提出する。書類審査後、事務局審査担当か主宰の承認を得たうえで、入会できる。
  3. 当会の主旨に賛同し、前項の審査で承認された人を会員とする。
  4. 主旨賛同及び規約の承諾、会の運営等のため、登録費及び入会月の参加費を支払い、「入会申込書」と「誓約書」を当会に提出する。
  5. ネットワークビジネス、能力開発ビジネス、各種保険、宗教・政治、先物取引販売、金融・投資等、誤解の生じやすい業種の場合、依頼・問合せが無い限り積極的に自ら勧誘・営業活動を自制することができる人。
  6. 入会の手続きは、「入会手続き」のページに掲載する。
  7. 申込用紙に記入した事項及び申込時に報告した事項について、変更が生じた場合は直ちに書面にて事務局に報告すること。

第9条   【会員登録日】

本規約は、下記の時点から登録されるものとする。・入会申込書を提出し、審査後入会承認され、諸費用を支払った日

第10条 【会員資格】

会への貢献度や会員の成長度により、正会員から上席会員・特待会員といった基準を設ける。 この基準は、会への積極参画を通じて会の発展と会員個々のレベルアップを目的としている。詳細は細則を参照。

第11条 【退会及び手続き】

本人の都合により退会できる。下記手続きにより退会をすることができる。

  1. 事務局へ連絡をした後、退会届(自由書式)を提出する。
  2. 事務局が退会届を受理した日を退会受理日とし、翌月末をもって退会日とする。
  3. 退会したる者は1年以上の間は再入会することができない。

第12条 【除 籍】

次の各項のいずれかに該当し、主宰が承認した場合は該当する会員に対し除籍することができる。

  1. 著しく会の事業を阻害、もしくは名誉を傷つけた場合。
  2. 入会申込に虚偽のあることが判明した場合。
  3. 請求するも理由なく2ヶ月以上参加費を滞納し、催促するも2ヶ月以上何ら回答がない場合。
  4. 会への報告を度々怠ったり、忠告されるも実行しなかった場合。
  5. 会員が死亡した場合。
  6. 第9条に定める資格に該当しない場合。
  7. 電話・FAX・メール・郵送等いずれかの方法を用いても連絡が取れない場合。
  8. 当会が定める「細則」に反する活動等をしたと判断したとき。
  9. その他、当会が会員として相応しくないと判断した場合。

第13条 【休 会】休会のシステムを有効に利用できていない為廃止

 

第14条 【登録料及び会費】

当会の登録費(入会時のみ)及び会費は下記の通りとする。下記金額には消費税が含まれている。 金額は会の発展状況など、諸般の事情を勘案して変更される場合があり、キャンペーン期間中は表示の 割引料金が適用されます。なお、会の活動への参加の有無に関わらず会費は発生するものとする。

  1. 登 録 料 : 20,000円(平成30年3月31日迄キャンペーン中で10,000円) 会   費 : 10,000円(月間)
  2. 会費は、毎月前納する。
  3. 年間一括払の場合は、年100,000円とし、指定する銀行口座に振込。
  4. 月ごとの支払は、引落とする。但し、登録時に銀行側の引き落としが可能となるまでは直接納金するものとする。
  5. 振込み手数料は本人の負担とする。
  6. 会員が会へ一旦納入した金銭はいかなる理由があっても返還されない。

(参考)この会は株式会社そしあが運営経営する。会費は、会員と運営会社が共同経営する為の費用ではなく、会に所属する為に必要な費用として運営会社に納める。従って、その会費の使途 については公表する必要はない。月例会(本会)以外のイベントは、会員が運営し、その費用は、その活動で得た収入と寄付金で賄い、その収支は会員の中から選ばれた会計担当者が管理し、次年度初めの総会で会計報告を全会員に報告し、承認を得る。

第15条 【財 政】

この会の財政内訳は、基本的な運営費(月例会,会場費,講師費用等)は運営会社から支給される。イベント(二次会・親睦会等)については、そのつど、そのときの担当者が企画運営し、会計が運営会社の会計とは別途管理をする。

第16条 【会の活動体制】

当会は、会の目的を達成するために、会員の規模と会を取り巻く環境、会員の素養、社会情勢によって年度ごとの総会にてその体制、活動内容を主宰の承認を得て決定し、自己の成長と会員間の強い絆づくりを目指す。

第17条 【会からの情報配信】

会員は、会からの配信情報について、以下の事項についても承諾する。

  1. 当サイトに記載されている情報内容の完全性、正確性、適用性、信頼性、有用性等については、利用者自身の判断とし、自己責任においてこれを利用すること。
  2. 当会は情報を保障する組織ではなく、情報を提供する組織であることを承諾し、結果に関しては自己で責任を負うこと。
  3. 会員は、当サイトに登録する情報や記載内容について、真実且つ正確なデータを入力すること。

第18条 【会員の義務及び禁止行為】

会員は、当会に入会するにあたり、以下の義務を負うものとします。

  1. 会員は、当会が事前に承認した場合を除き、当会を通じて入手したいかなる情報も個人としての私的使用以外には利用しないものとする。又、違反行為を第三者にさせることは出来ない。
  2. 会員は、他の利用者や第三者、当会に対し、差別や誹謗中傷、侮辱行為、名誉を傷つける行為、信用を毀損する行為は行わない。
  3. 会員は、自己の行為や活動の結果等は一切の責任を負うものとし、自己、他の利用者、第三者に損害が生じた場合は、自己の責任と負担により解決し、当会に対して損害賠償の請求は行えない。
  4. 会員は、当サイトの利用により得られた文書、情報等を無断で複製、転載、修正、改ざん、変更したり、第三者への漏洩や、当該文書情報等に関し信頼性を損なう行為は行わない。
  5. 会員は他の利用者や当会、若しくは第三者のプライバシー及び肖像権、著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は、侵害するおそれのある行為を行わない。
  6. 会員は、有害なコンピュータプログラムや公序良俗に反する著作物、文章、図形等を送信又は書き込む行為、虚偽の情報書き込み、他の利用者に誤った情報認識を抱かせる危険性のある行為は行わない。
  7. 会員は、他の利用者、第三者、当会の設備利用及び運営に支障をきたす行為は行わない。
  8. 会員は、ネットワークビジネス、能力開発ビジネス、各種保険、宗教・政治、先物取引販売、金融・投資等誤解の生じやすい業種の場合、依頼・問合せがあるとき以外、積極的に自ら勧誘・営業活動をしない。
  9. 上記各号の他、会員は本規約に反する行為、法令、公序良俗に反する行為、当会運営を妨げる行為、他の会員や当会又は第三者に不利益を与える行為は行わない。
  10. 会員は、他の会員、当会、第三者に対し損害を与えた場合、自己の責任と負担において損害を賠償するものとする。
  11. 会員は、ID及びパスワードを発行した場合、故意に第三者に知らせたり、ID及びパスワードの管理不手際による第三者の不正使用等に起因する損害について、すべて責任を自己で負うものとする。

第19条 【利用規約違反等への対処】

当会は、会員が規約に違反した場合や、会の活動に関して他者から適切なクレームや請求等が寄せられた場合、又その他の理由において当会の運営上不適当と判断した場合は、当該会員に対し下記のいずれか、若しくはこれらを組み合わせて講ずる。会員は、当会が措置を講じた場合、当該措置に起因する結果に関し当会を免責するものとする。

  1. 本規約に違反する行為の中止、並びに同様の行為を繰り返さないことを要求する。
  2. クレームや請求等を解決するための協議や、専門家への委託を要求する。
  3. 会員が発信又は表示する情報を速やかに削除することを要求する。
  4. 要求に応じない場合は、情報の全部若しくは一部の削除、或るいは他者が閲覧出来ない状態へ、事前に通知することなく当会にて変更するものとする。

第20条 【情報の管理】

止むを得ない事由により当会のデータ管理に関わる設備が故障した場合、情報が消失する可能性があることを利用者は承諾するものとする。又、当会は、当該規約及び運営上の点から不適当と判断した情報 について、掲載停止又は削除することが許される。但し、当会が当該情報を掲載停止又は削除する義務を負うものではない。

第21条 【会員守秘義務】

当会の定めた個人情報保護方針に基づき、取得した情報を管理する。(個人情報保護方針)

第22条 【WEB上の内容の変更、中断及び中止】

当会は、会員への通知や承諾を得ることなく当会活動の諸条件、運用規則、内容等を変更することが出来るものとし、会員はこれを承諾するものとする。この変更には内容の部分的な改廃等を含め、限定はされないものとする。又、当会は、以下のいずれかに 該当すると判断した場合、会活動を一時的に中断、若しくは恒久的に中止する場合がある。この際、原則として事前に告知するものとするが、システムに異常な事態が生じた場合や、運営上やむを得ず中断する場合には、告知なくして一時的に停止することがある。是により会員又は他者に損害が発生した場合、当会は一切の責任を負わなくてもいいものとする。

  1. 当サイトシステムの保守を定期的又は緊急に行う場合。
  2. 第一種電気通信事業者が電気通信サービスを中止した場合。
  3. 火災、停電、電力制限、地震、津波、噴火、洪水、台風、雪害、高潮、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、その他当会の責に帰さない事由によりサービスの提供が不可能となった場合。
  4. 運営上又は技術上、当サイトやサービスの中断、或いは中止を必要と当会が判断した場合。
  5. 行政その他より、当サイトのサービス及び運営が禁じられた場合。

第23条 【当会による情報の削除、変更】

当会は、会員への事前通知や承諾を得ることなく、会員が掲載した情報を削除することが出来るものとする。又、当サイトの運営及び保守管理上必要とされる場合、当会は会員への事前の通知や承諾なくして会員が掲載した情報を削除、複写、移動、変更することが出来るものとする。

第24条 【侵害賠償】

当会は、会員が本規約に違反する行為を行った場合や、不正、或いは違法な行為により当会に損害を与えた場合、当該会員に対して相応の損害賠償請求を行えるものとする。又、本規約に違反するか否かについての調査が必要であると当会が判断した場合、会員は当会の調査に応じる義務を負うものとし、他の会員も当会からの調査協力の要請に応じてもらう場合がある。当会は、天災地変等の当会の責に帰さない事由により生じた損害、当会の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益を含む間接損害も含め、当会の活動により発生した会員及び第三者の損害全てに対し、いかなる責任をも負わないものとし、当会は損害賠償の義務はないものとする。

第25条 【免責事項】

当会は、理由の如何を問わず、会の活動が遅延、中断、或いは停止したことに起因して会員又は第三者が破った損害については一切の責任を負わないものとし、以下の事項に関しても免責となるものとする。

  1. 当会を通じて提供される情報に関し、その完全性、正確性、適用性、信頼性、有用性において、当会は一切の責任や保証を負わないものとする。
  2. 会員の情報等が、本人の削除以外の形で消失したり、他者により改ざんされた場合、当会は技術的に可能な範囲で情報の復旧に努めるものとし、この消失又は改ざんにより生じた一切の損害賠償義務は免れるものとする。
  3. 当会の故意以外の事由により、当会の活動を通じて利用者のパーソナルコンピュータ等にウイルスが侵入し損害が生じた場合、当会は一切の責任を負わないものとする。
  4. 会員と他の会員、或いは第三者との間で紛争が生じた場合、会員は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当会に損害を与えないものとします。但し、会員の申し出があった場 合、当会はしかるべき助言、若しくは仲介の手続きを行うものとする。
  5. 当会の活動に起因して生じた会員間又は第三者との紛争、トラブル、その他個人的な問題が発生した場合、当会は一切関知しないものとする。
  6. 当会以外の第三者が運営するサイトに、当サイトへのリンクが貼られている場合において、当会はリンク先のサイトに関与しておらず、リンク先において生じた一切の間接的及び直接的損害に 対し、責任は負わないものとする。

第26条 【著作権】

当会又は講演会等イベント主催者が提供する情報の著作権やその他知的財産権は、特別な定めのない限り当会又は当該各イベントの主催者に帰属するものとし、各イベントの主催者の承認を得ず、複製や改造をしたり、出版、放送、公衆送信等の方法で使用することは、理由の如何を問わず行えないものとする。

第27条 【管轄裁判所】

当会と会員の間で訴訟を提起する必要が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とする。

第28条 【準処方法】

この会員条約に関する準処法は、日本法とする。

第29条 【会の事務局】

この会の基本方針及び規約は主宰が決定するが、活動は原則、会員が行う。運営を円滑に行うため、事務局を設け、会員管理事務・業務を遂行する。

第30条 【会計年度】

この会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

第31条 【附則項目の追加】

当会は、本規約に対し、必要に応じて自由に附則項目を追加することが出来るものとする。

第32条 【附 則】

2005年04月01日企画立案
2008年04月01日執行
2009年07月01日改訂
2010年04月01日改訂
2012年10月01日改訂
2014年04月29日改訂
2016年03月01日改訂
2016年03月01日改訂
2016年08月25日改訂
2017年03月01日改訂

 

細 則

  1. NPO法人ささえあいの会員や、ウィンクルムが主催する有識者講演者に対して個人的な商行為や私的な面接を直接せず、面接する前に必ず事務局(中村主宰)へ報告すること。但し報告するその理由は、対応して頂いた人に主宰側からお礼などの心づかいをして相手側繋がりをつくり、良い結果を残す為の協力が出来るようにする為。
  2. 上記の件について、中村主宰の承認が無いにも関わらず、会員が勝手に行動し、相手側からクレームがあった場合、当会員に対して、原則ペナルティーを課す。ペナルティーの内容については、重大な問題が生じた場合は除籍することもある。
  3. NPO法人ささえあい倶楽部(懇親会等)の特別な活動にウィンクルムの会員が参加する機会が得られるものについては、上席会員、及び特待会員を優先する。
  4. ウィンクルムの会員同志は、事業の紹介、取引は自由であるが、それを事務局に有難う報告しなければならない。報告した案件については、事務局で出来る範囲の協力を行う。
  5. 会員規約(第10条) 細則
    1. ウインクルムの組織拡大や、会員の資質向上と事業発展の為の制度
    2. 会員が増加すれば、各々会員がウインクルムでの活動を通して沢山の情報が得られ、
      お互いが研鑽しあい、資質の向上と事業の発展につながる。結果的に社会に影響力をもつしっかりした組織が確立でき、その組織や人脈が自分達の宝になり成功につながる。又、夢の実現が可能になる。
    3. ◆資格制度
    4. ①上席会員・特待会員・会員がある。
      1. 上席会員になるには、新しい会員を紹介し10名以上を入会に導く。
        特待会員になるには、同じく5名以上を入会に導く。入会者の在籍月数が全員6ケ月に達するまでの間は、準上席会員、準特待会員とする。但し、資格審査時に導いた新会員が、入会してから6ヶ月以上在籍し、オリエンテーションを受けた人数とする。又、審査に際し会員の日常の活動状況も勘案する。
    5. ②上席会員・特待会員になれば下記の特典がある。
      1. NPO法人ささえあいの特別なイベントに優先的に参加できる(但しサポート会員又は賛同会員に登録されている事)
      2. 主宰者側の催す特別な会合に参加できる
      3. 当会が関わる広報活動の一環であるマスコミ支援を優先的に受けられる
    6. ◆表彰制度
    7. ○ 月例会皆勤賞
        日頃の研鑽を認め、表彰する
    8. ○ 組織拡大活動貢献賞
        次年度総会の審査時までに拡大活動で次の条件を最も早く達成した会員に対して表彰する

      1. (イ)10名以上の新会員を入会に導いた会員には、会員の希望により主宰のコンサルを  6ヶ月間受けることが出来、又金一封を支給する
      2. (ロ)5名以上の新会員を入会に導いた会員には、会員の希望により主宰のコンサルを  3ヶ月間受けることが出来、又金一封を支給する
    9. ○ 事業活動貢献賞  表彰状及び記念品か金一封

上記の事柄を遵守し、有意義な活動を行ってください。

2016年03月08日改訂
2016年08月25日改訂
2017年03月01日改訂

Print Friendly
PAGE TOP